海となかまと音楽と、、、そして、知的パラダイムシフトのために・・・


by i-coast

そしてまたAORの季節。

c0098213_23424789.jpg


4月になってもなかなか春らしい日にならない・・・と思っているうちに、
目の回るような5月。 そして6月に突入と思いきや、はや中旬。
梅雨入り。  そろそろ仕事は一息・・つけそうかな・・・

自分にとって、何故か6月はAORの季節。

現状はいつでも殺伐として映る。
しかし、思い返すと、なぜか懐かしく、いつでも戻りたくなる。

また、音楽を聴いて、ワクワクな気分になる季節を感じたい。
c0098213_23403938.jpg

オランダからやってきた Bernard Oattes。
AORのブームからずっと遅れた90年代中盤。

セカンドアルバムから Still Dreaming of You


[PR]
# by i-coast | 2012-06-10 23:44 | music

幕張の街と春風・・・

c0098213_231225.jpg

(写真はCafe roomさんより)



バブル真っ盛りの頃。

職場(旅行会社)の朝礼では課長からこんなコメントがあった。
「先週、房総半島全域をリゾート半島とする計画が発表された。 自治体が海外の姉妹都市を含め行政視察する可能性が高い。テクニカルビジット(専門家の先行視察)の企画をそれぞれの自治体にぶつけること。」

そうか、自分もとりあえず千葉県生まれの千葉県育ち。身近な房総半島が魅力的なリゾートになるなんて楽しみ。

デスクの電話が鳴った。隣の支店の同期、リュウからだ。

「今日は落ち着いてるんで、海岸駅の近くのマリピン(地元出身のキムタクも使うショッピングセンターの略称)の立体でない方の駐車場で待ち合わせない?」

営業範囲が重複しているリュウ。
一見、サボってるとも見える、奴とのランチは、飛び込み先調整や支店に同期のいない自分にとってお互いの士気を高めるいい機会だった。

「いいね。春のビーチも見れるし、幕張メッセも完成間近でいつ行ってもいろんな建物が新しくできてて楽しみだね。」

そして マリピン近くのファミレスで1時間のランチ。海が近いせいか、春がいつもより感じられる。

そして、手分けして、海岸地区や幕張地区の企業の飛び込み。

「今度の春分の日には彼女を連れて房総半島でもまわろうかな」
意図せず、口をついた。

「いいねえ。」とリュウが返してくれた。

日本の経済が世界一好調で、本気で房総半島が世界的な一大リゾートになると信じていたあの頃。

その週末、菜の花を見ながらこんな曲で春風と半島をドライブした。
Everything but the girl "The language of life"


・・・そして10年近く経ち。リュウと待ち合わせたパーキングは自宅のあるマンションになった。

そして、20年を経て房総半島を一緒にイベントで盛り上げてくれる仲間と出会った。
[PR]
# by i-coast | 2012-03-21 02:32 | town

夕方の散歩道

c0098213_21324080.jpg


高校受験間際。

12月になってようやく受験モードになった。
親はどうしても近くでいいから、公立高校に行けという。
シャレの好きな担任は、三者面談で 自分の名字みたいな名前のとある公立に行けば、という。
某進学塾では、最後の模試で何の間違いか300人中6番になり、理事長に呼び出され一番の県立高校に行けという。
自分としてはその中間あたりの学校に入り、無難に過ごしたかった。

よくわからなくなった、1月も終わりの とある夕方 自転車でとなり駅に向かった。
意識はしていなかったが、親が 間違いなく入れるなら、と担任を説得した近くの高校だった。

雪が残る学校の外周でランニングをする生徒。
グランドでも野球やサッカーが盛んだ。
その横を着崩した制服で通り過ぎる帰宅組のカップル。

なんだか楽しそうだ。

・・・・・ふと、思い出した。
兄はその一番の高校で部活をやって、遠いゆえに苦労したっけ・・・
担任も進学校で自分を見失いそうになったっけ・・・・
楽しく過ごせれば、すべてが上手くいくかも・・・・

受験がすべてではないし、どこに行ったって建築家は目指せる・・・・

決めたつもり、受かったつもりで志望校を決めた。


c0098213_2133388.jpg

その前の晩、ラジオで紹介されたSantanaのアルバム。
流行りのアメリカンロックに傾倒、Santanaらしくない、という評も。
しかし、アルバムとしては、ハードロックもあるが、透明感のあるインストも
Philadelphia soulのようなダンス系もあり、十分楽しめた。






Europa等、Santanaのスタイルを形づくったキーボードのTom Costerが抜け、
Chris Rhyneも1作で去ったのちに参加したのはTom Costerよりホワイトソウル系テイストのAlan Pasqua.

Carlos Santanaが作詞作曲したSantana らしくないダンスナンバーに
Alan Pasquaのピアノが踊るように盛り上げる。

中学に入って部活のために辞めたピアノ。
でも、こんなピアノだったら、また好きになるかも・・・・

こんなテンションに乗せられ、ポジティブモードで
志望校は決まった。
そして、2年生の秋、バンドで出た学園祭で大講堂のステージでこの曲をカバーした。

Santana "Stay (Beside Me)"


そしてAlan Pasquaが その後Lee RitenourのアルバムA Twist of Jobimで弾くChildren's Games (Double Rainbow)

[PR]
# by i-coast | 2012-02-05 21:35 | music

Midsummer stardust

とある 80年代の夏の週末の夜。

そのコンサートは武道館で開かれた。
c0098213_22474688.jpg

夏気分満開のCarlos Santanaのソロ アルバム、 Havana Moonプロモーションツアー。
ソロ作ということもあって、70年代中盤の頃のSantanaバンド中核メンバー(Greg Walker, Tom Coster)も・・・

そして、前前年の来日でもHerbie Hancock, 高中正義などとのコラボライブを大がかりに開いたSantana。

この年の来日では、渡辺貞夫氏がサプライズゲストとして登場。

アンコールではブルースシンガーのSaunders Kingが登場。Carlosの”義父”らしい。
King氏は1979年のCarlos のソロ前作Onenessの中のSilver dreams, golden smilesでもソウルフルなヴォーカルをきかせていた人物。
そして、サックスは渡辺貞夫。

Santanaの70年代中盤の要だったTom CosterのHammond OrganをフューチャーしたStar Dust.

暑い夏の夜に熱いラテンロックのライブ中、心地よい涼風が流れた。
そして、初めて フューチャーされたHammond Organを生で体験した夜だった。
c0098213_22494356.jpg

そしてライブのエンディングは Europa (Earth' cry, heaven's smile).
74年の来日時に大阪の居酒屋で聴いた演歌にインスパイアされたとか。










-----------------------------------------------
当時の記録音源を少しだけおすそわけ。

Star dust - Europa


SK Kingの歌うSilver Dreams, Golden Smiles.

[PR]
# by i-coast | 2011-10-12 22:50 | music

Are you ready for love?

c0098213_2275821.jpg


とある11月初旬。
冬時間になり、一雨ごとに冬を感じるドイツから帰国。
朝着の便なので、1日休み。
まだ東京は天気がいいと屋内では夏服でいられる。

MIXIのAORコミュニティ。
コミュニティはほとんど見る機会もないのだが、こんな日に少し、と読んでみる。
曲名がわからない、という書き込み。相当前に耳にして、どうしても忘れられない曲だという。
うる覚えの歌詞で「こんな曲なのですが・・」と。
参加者からいろいろなコメントがあった。
しかし「どれも違う・・」

ついに質問者は ギターでサビのフレーズを録音してアップしてみる。
「あ!もしや・・・」  
曲名をレスポンスに書き込み、CDを探し、1コーラス分をストレッジ経由で送ってみる。
「あ、まさにこの曲です! 本当に長い間この曲名を探していたんです」

そういわれたのは実は2度目だった。

----
高校3年の夏休み前。 曇った涼しい朝に、ラジオから流れてきた曲を録音して聞いていた。

3年になって、相棒になった バスケ部出身のタカ。いわゆるイケメンだが彼女がいない。
遊びだしたら止まらなそうだが、芯はマジメ。 会話の声が大きいので、聞いている側がおさえることも何度か。
c0098213_2282556.jpg

そんなタカが、同じクラスのバレー部のいわゆる御嬢さん、トモコと付き合い出した。
運動部同士だが、なんとなく毛色は・・・・
最初は単に会話仲間だったが それがつづくと、
「あのさ、トモコってさ、お姫様みたいな感じだよね。」
「オイオイ、声がでかいぞ」 聴いていて冷や冷やだった。
c0098213_228574.jpg

受験勉強も本腰の時期だが、夏休み前から何故か神宮プールやら稲毛の浜やら出かける計画が・・・
二人で行きづらいのか、自分が入って3人だったり、ほかの女性のクラスメートを交えたり・・・

自分はシングルだった。「そういえば、あったな。高校1年から2年にかけて。独りでいてもいてもたっても
いられなくなる気持ち。」 何故か夏前から秋にかけてだった。

Beatles好きのタカにラジオから録音したテープを渡した。
"Are you ready for love?"
「この曲ってなんか、切ないっていうか、一人で思い乱れるっていうか・・」
「だから、声、小さく、みんなこっちみてるじゃん」

Steal Awayでワンマン ドゥービーズと言われつつAORシンガーとして名を上げた
ソングライターのRobbie DupreeのElektra 第2作"Street Corner Heroes"
から"Saturday Night"とともに2曲カバーした Bobbi Walker。

James Ingramともバンド活動をしていたという。
そんな人脈があってか、デビュー作でJoe Sample, Yellow Jackets, Seawindなどのサポートを得ている。

GREG GIDLEYもカバーしたAre you ready for love。後半のJeff Minolovのギターが
「真夜中のドア」のエンディングのようで切ない。

-----------
トモコと別れた晩秋、タカを大学模試の帰りにクラブに連れて行った。 
そこでタカの人生は変わった。
今では、タカも年商数億円の経営者。店舗も拡大し、相変わらず真面目に大声で社長をしている。

Bobbi Walker "Are you ready for love"


Robbie Dupree "Are you ready for love"


Bobbi Walker "Saturday Night"


発売当時のADLIB誌の記事とレコード評

c0098213_228787.jpg
c0098213_2283531.jpg

c0098213_2283711.jpg

c0098213_228394.jpg

[PR]
# by i-coast | 2011-07-14 02:30 | music

夏休み前

c0098213_9305167.jpg


今年は もう梅雨明け。
梅雨入りも早かったので仕方ないか。色々大変だが、夏が長いこともポジティブに考えてみよう。
梅雨時に合うAORの話をもっとしたかった。また、折を見て。
---------------------------------------------------

大学1年の夏。

ドミトリーというか、学生会館の仲間と平日は夜な夜な、週末は日中、湘南ドライブを繰り返していた春。
そこに住む40名超の同学年代男女が好き好きにやっていたので、かかわり方もハンパではない。
朝起きてから、深夜まで、お互いの部屋を訪問したり、ドライブしたり。
今となってはそんな日も増えたが、睡眠時間3時間で頭もハッキリせず大学に行った日も多かった。
c0098213_9312051.jpg

そして、前期試験に突入。
週末は千葉の実家に帰って行った。夏休みももうすぐ。

「今年の夏は、実家の近くで教習所に通って、お盆は桐生にあるモギ君の実家の店を手伝って、
テツ君の車で6月に合コンで知り合ったリコたちと湘南の海に行って、2度のサークルの夏合宿に行って...」

はじめて迎える大学生の夏も、多忙だった。

毎週末実家に戻る荷物も多く、津田沼からは自宅の近くまで行くバスに乗って帰って行った。
c0098213_9314867.jpg

旧市街から再開発が進み仮囲いが増えた津田沼駅前。バスを待ちながら心地よい風を感じていた。
夏休み前。

大学の購買で中古セールで買った2枚から。

Robbie Dupree "It's a feeling"



Greg Philinganes "Girl Talk"


[PR]
# by i-coast | 2011-07-10 09:33 | town

梅雨時のAOR(その1の2)

c0098213_0201793.jpg
昨年 梅雨の時期に AOR best 4という書き込みをした。
Jay Graydon/ David Foster (Airplay)のNothing You Can Do About Itという曲。
その後残りの3曲の話をしていなかった。

その後、誰かがManhattan Transferバージョンをアップしていた。
Jay Graydonがプロデュースした Manhattan TransferのExtensionsは
Richie Coleなども参加したジャズコーラスとAORの融合されたアルバム。
c0098213_021079.jpg

ジャズコーラスという意味で当たり前だが、Airplayより聴きごたえがある気がする。

そして、このアルバム発表の1年前1978年。自費制作でデビューを果たした
Spyro Gyraのファーストから早速のカバー Shaker Song。
Richie Coleの流れるようなアルトサックスが聴ける。

一雨ごとに緑が深くなるこの季節の夜を歩きながら聴いてみたい2曲。
Nothing you can do about it


Shaker Song

[PR]
# by i-coast | 2011-06-27 00:22 | music

青い空の季節に・・・

大震災の影響で液状化被害がひどかった、近くの海浜公園の大部分がようやく連休前になって、復旧、再開された。

高校時代にクラスメートと連れ立って、大学時代はゼミ仲間や遊び仲間、彼女と、そして、今はビーチから10分のところに移り住んで、サイクリング、ライブ演奏、カフェめぐり、そしてWorld Cup時のアイルランド代表練習応援・・・このビーチパークとかかわってきた。

もう少し内陸部に住んでいた高校時代の春、ラジオから夏に向かう季節のような音楽が流れ、気に留めた。
「ふーん。Dan Siegelか。」  当時流行っていた、海外のアルバムのジャケットの国内向けリメイク。
c0098213_4264782.jpg


















カリフォルニアの抜けるような空にデザインが変更されていた。c0098213_4263895.jpg






4月も下旬になり、週末の日差しが待ち遠しかった。そして、夏に向かう曲の数々。LPを借りて何度も聴いた。
そして、夏の盛りに、高校のバンド仲間にレパートリーに入れるように提案し、ホーンアレンジを入れて学園祭で演奏したGreat Expectations.




数年後、サンタモニカの近くのVenice Beachで、それらしい場所を発見。ポーズをとってみた。
c0098213_4263086.jpg


発売当時のADLIB誌にはシンセサイザー弾きの難波氏がこう書いている。
「どうだろう。このわかりやすさ。」
c0098213_426434.jpg


夏に向かう週末、青い空と海を見ながら聴いていたい。

Dan Siegel "Great Expectations"


Dan Siegel "Enchanted Forest"

[PR]
# by i-coast | 2011-05-04 04:29 | music

捧ぐ

c0098213_24088.jpg



沈丁花の香が盛る11年前の3月3日の夕刻。

人事だった自分の職場に自宅から電話があった。

「コウ君、亡くなったそうよ。彼の実家に電話してあげて」

喘息の発作が出て、自分でバイクで病院に行ってから たった4日間で
肺炎の院内感染、気管切開、そして急に逝ってしまったのだ。
信じられなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
「え??」
その1年前に夢で見た、同級生で親友、コウの死。
些細なことで喧嘩をしていた。
夢の中で奴の遺体の前で叫んだ。「死んでしまうなら、仲直りしておけばよかった!」
中学時代から、洋楽や、外国人仲間を紹介してもらい、高校でも毎週末仲間で、
大学ではサッシペレレに連れて行ってもらい、奴の親父さんの車でドライブもした、そんなことを
夢の中で思い出していた。

・・・ほどなくして、仲直りした。もちろん、奴にはそんな話などしない。
そして、月2のペースで 他愛もない話でお茶をした。
今の新居探しもつきあってもらった。
夏も台風の中伊豆に出かけた。

3月のライブ予定があったが、どうしてもバンマスの無理な注文には従えず
2月中旬のリハーサルを休む。
そして コウとお茶。
「オレ、いつもお前をライバルだと思ってたけど、一緒に受けた高校落ちたことで
 少し恨んでた。お前にはいろいろ見習うことが多かったよ」
「え??」
「その顔、なんだかお前老けてるぞ!オレの方が全然元気だろ!」
なんだか、その時の奴はいつもの卑屈っぽい話と違って、何かを悟ったようだった。

そして、3月5日にまた会おうと 笑顔で別れた。
その日はそのバンドの国立でのライブだった、でも、気が進まない。
バンドは脱退しよう。今からなら代わりを探せば許してくれるだろう。

・・・・・
奴の死を聞いた夜、市川と松戸の境の静かな住宅地にある中学の担任の家に向かった。
寒い雑木林の中の道を車で彷徨った。
”・・・・・あいつも、今、こんな 森のようなところで彷徨っているのか??”

昔からユニークで、音楽好きでジョークとアートにあふれ、
週刊誌でも話題になった、担任が車庫に併設した迎えてくれた。

中学を出てから、進学、大手メーカーでブラジルを担当し、
退職して仕事を転々とし、これまで再起を狙っていた、、、、、そんな
進学とキャリアと失敗談・・・・

美術担当だった担任はコウの似顔絵に、自分の話した、奴のストーリーを書き込んでいく。
「これを荼毘に入れてくれ。残念ながら俺は行けない。皆にはよろしく」
「わかりました」

そして、翌日の通夜では、同じ仲間たちと 八柱の居酒屋で奴を悼んだ。
居酒屋のBGMは Automatic。
そうだ、コウが「涙が出るほど、いい曲だ」と言っていた曲だ。

そして、3月5日。告別式、そして、火葬。
本当はライブだった。
でも、偶然、脱退を選んだことにより、奴と最後までいることができた。
バンドの連中には、お詫びと、感謝の気持ちを伝えた。

脱退を決めたバンドの代わりにゴスペルの伴奏の話が来ていた。

The Preacher's Wifeという映画の主題歌。
仏式だったが、ゴスペルに心が洗われるようにして、奴を見送りながら思った。
「俺たちって、影響しあったり、競い合ったりで、お互いになんだか同じような道を歩いてきたよね。
 よかったら、お前の人生のつづき、俺の体と心の中でまた進めてみないか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四十九日の朝。コウが夢枕に出た。
「おお!!」
コウはスーツを着て、新しくできた彼女を連れていた。
コウのその年の年賀状には
「今年は定職を探して、彼女を作って飛躍するぞ!」と書いてあった。
そうか、コウは 天国ですべてを手に入れたのかもしれない。


そして、今思うと、 コウが何度も連れて行ってくれたサッシペレレで聴いたボサノバやサンバを
その秋から演奏しはじめ、奴が上智大学のポルトガル語学科で学び 
大手メーカーで使っていたポルトガル語を自分が必死に勉強している。

もしかすると、時々、奴は天国から自分の中にやってきて、奴の人生の続きを楽しんでいるかもしれない。

沈丁花の花言葉は 「栄光」「不死」「不滅」。


あの、3月3日、奴を思って聴いていたい。
"Hold on, the help is on the way" Whitney Houston

"Automatic" Hikaru Utada

[PR]
# by i-coast | 2011-03-03 02:41 | photo

Orange County から春へ

c0098213_1572391.jpg


とある2月のある日。

2ヶ月ぶりのLos Angelesにいた。
舞浜の某ホテルの面々と、Anaheimの2度目の視察であった。
12月のAnaheimのDisneyland Hotelは人も少なく、ゆったりとした視察であった。
しかし、状況は変わった。

湾岸戦争の勃発によって入国審査や搭乗に倍以上の時間がかかるようになった。

そして、ようやくたどり着いたLAX。
空港では、偶然ながら同じクーリエ 佐知子さんが出迎えた。

Anaheimのヒルトンは宴会場の視察以外困難なほど込み合っていた。

12月の視察では、オフの日に予約支配人とLa JollaやSan Diego, メキシコのTijuanaまで足を延ばした。

湾岸戦争が始まり、入国審査はさらに厳しくなったので、同行した料飲支配人と
他のスタッフとで 同じOrange Countyの South Coast Plazaまで向かった。
c0098213_1572363.jpg


「ショッピングセンターまで無料送迎してくれないんですかねえ。」

高速バスで20分。Santa Ana Freewayで向かったショッピングセンターは、センターだけで1つの市を
構成している。

2月のLAは日本の初夏を先取りしているような気分だ。
c0098213_1572482.jpg

宿泊したAnaheim近くのGarden Groveのホテルも回りになにもないが、ガラス張りのラウンジと
レストランが春気分をたかめてくれる。

モールのRadio Shackで買ったAngela Bofillのテープを聴きながら東京に戻った。
c0098213_1572277.jpg


アルバムの後半は日差しに春の到来を感じる2月の日本のよう。
夜道を歩いていても、春が近い1月末から2月はなんとなく春の日差しを思い浮かべて
足取りも軽い。

こんな、天気の夜。 歩いてみよう。

Angela Bofill "Rainbow inside my heart"


りりイ「オレンジ村から春へ」(1976年春資生堂キャンペーンCMソング)

[PR]
# by i-coast | 2011-02-17 02:00 | town