海となかまと音楽と、、、そして、知的パラダイムシフトのために・・・


by i-coast

恋い焦がれる夏の夜

c0098213_2313126.jpg


前々回の「墜落の夏」から6年後の夏のおわりの話。

また、夜半に目が覚めた。
同じ、小学校からの相方のベーシストの部屋。

ギタリストで「私、脱いでもスゴいんです」「Celineでイーオン」のヒットを出した
コピーライターY氏とともにその相方がかけたCD "I want you"

Marvin Gayeといえば、Sexual Healingはリアルタイムで聴いたので
そんなイメージであったが、I want youはその出だしから展開する切なく、恋い焦がれるMarvinの歌声。

そのコピーライターは「これは、買いだ!」と叫んだ。

自分も、その後すぐにI want youをCDストアで探した。

結局買ったのはWaikikiのはずれ、Ala MoanaにあるTower Records.
I had it through the grapevineとのカップリングであった。
I want you , Come live with me, I wanna be where you are, All the way around, Since I had you, After the dance.....

アルバム全体が切ないメロディーであふれていた。

そして、当時の彼女とお疲れモードな雰囲気で、不安な二人の行方を思い描いていた。
そんな心境に、痛いくらい伝わってくる、Marvinの歌声。
c0098213_2482113.jpg


その後20世紀最後の夏になって、このアルバム全体がLeon Wareの作品であることを知った。

そして、Leon とはその後ほどなくしてメールでやりとりがはじまり、さらに4年後にはI want youの
中のタイトル"Soon I'll be loving you again"のみを再現したコラボ曲を作ることになる。

Leonを東京 初公演に呼んでちょうど1年。Leon とMarvinが彩った夏はこれからである。


" I Want You"


"All the way around"


"Since I had you"

[PR]
by i-coast | 2010-08-18 02:48 | music