海となかまと音楽と、、、そして、知的パラダイムシフトのために・・・


by i-coast

カテゴリ:concepts( 3 )

桃源郷

c0098213_1542521.jpg


という名前のミュージカル映画があった。
xanadu.

由来はモンゴルの上都(shandu)からだそう。

その後、場所に関係なく理想郷を指すようになった。

老朽化したクラブを桃源郷を目指して再建する、そんなストーリーを
ELOやCliff Richard, Gene KellyなどとともにOlivia Newton Johnが彩った。

音楽的に映画的にも成功したGreeseからの期待のかかる次作であった。

映画的にはどうであったか・・
音楽的には1980年の初秋のシーンをにぎわせた名曲を排出した作品であったと思う。



Olivia Newto John & Cliff Richard "Suddenly"


Olivia Newton John "Magic"

[PR]
by i-coast | 2010-09-04 15:55 | concepts

夏の夜の夢

夏フェスがブームですね。

c0098213_2328032.jpg


高校時代からいろいろな夏の野外ライブ、行きました。Live Under the Sky, Santana & Takanaka, 葉山ジャズフェス Crossover Japan............そして Antonio Carlos Jobimの最初で最後の日比谷のステージ。

葉山ジャズは会社の保養所が近いので2000年から5年間通っていましたが、なくなってしまいました。
今日はこれにかわるイベントがありましたが、チケット取れず。
幸い車の故障もあって、とれてもいけなかったかもしれませんが....

思い起こすといろいろな場面がありました。
その中で、思い出すのは葉山ジャズフェス。

あとは1983年、2年ぶりに来日したsantanaがなんと、哀愁のヨーロッパの時代、ラテンジャズファンクの音を作り上げたTom Costerが突然メンバーとしてやってきた ライブでした。

その3年前の夏。
Santanaを聴き進めていき、出会ったアルバム Welcome.
c0098213_23354511.jpg
全盛期直前のFusionに出会う前の、心地よいグルーヴは10台半ばの自分にとって刺激的でした。

WelcomeはNeil Shon, Gregg Rolieが去り、Richard Kermode, Tom Costerといったラテンジャズ奏者が参加したCaravanseraiに続くアルバム。
Chick Coreaに傾倒したTom CosterがSantana でReturn to Foreverをやとうとした、そんなアルバムです。 ゲストにはJoe Farell, Airto, Flora Purimなどブラジル系のReturn to foreverのカラー満載のアルバムでした。

夏フェスや真夏のsantana公演を聴いて帰る、興奮とライブ疲れのけだるさとラテンクラブにでもいるような雰囲気を家まで持って帰っていました。

Welcomeからお勧めの3曲です。
"Love, Devotion & Surrender"




"samba de sausalito"


"Yours is the light"


c0098213_23433389.jpg
[PR]
by i-coast | 2010-07-24 23:44 | concepts

復活しました。

長い間お休みしていましたが、コンセプトをやや広げ復活します!

いろいろな方々との知的連携や、パラダイムシフトにつながる1パーツになれればと思っています。

どんどんコメント&交流しましょう!
[PR]
by i-coast | 2009-02-07 11:53 | concepts