海となかまと音楽と、、、そして、知的パラダイムシフトのために・・・


by i-coast

至福のアルバムその1

c0098213_22585956.jpgc0098213_22575342.jpg



















Manhattan Transfer
"Coming Out(1974)" / "Extensions(1980)"


高校に入った頃、Manhattan Transferが
Extensionsというアルバムの
プロモーションツアーで来日した。

FMのライブ番組を聴いてみたが、ほろ苦い大人の世界。
その頃フュージョン全盛で、名盤が多数出ていた中、
少しほろ苦すぎるライブであった。

「大学生になったらきっと理解できる」

そう思った。

しかし、翌年、FM東京の深夜番組でアルバム数枚が毎日かかる
特集があり、デビューから当時の最新作Mecca for Moderns
まで名曲を聴くことができた。

"Extensions"というアルバムでは
 AORの申し子、David Foster/ Jay Graydonのユニット
Airplayの作品"Nothing You Can Do About It"

 当時新進気鋭のフュージョンバンドであったSpyro Gyraの
 デビュー作から"Shaker Song"は流れるようなRichie Coleの
 サックスソロをフューチャーした名演であった。

この2曲は濃密な夜の東京の梅雨空を、息苦しいまでに
駆り立てる名曲であった。


そして、、、もう1枚。 さかのぼって1975年のセカンドアルバム
"Coming Out"、マントラの世界の華麗なる開花である。

Scotch & Sodaで魅せたFender Rhodesとアコギの見事な調和。
ラテンスタンダード "Ponciana"で魅せた美しいコーラスライン。
Michael Franksデビューアルバムから"Popsicle Toes"での
 まるでまどろむような 10月の昼下がりのような サビのコーラス
そして、 Todd RundgrenのSomething Anythingから
 大人のアレンジ..................
"It Wouldn't Have Made Any Difference "
まさに至福の瞬間であった。

「大学生になったら理解できるかも...」

そう思ったマントラの世界に、高校生活の折り返し地点ですでに虜になっていた。

そして、翌年、"Down South Camp Meetin' "で某洋酒CMで
一気に日本のTVでもブレークしたのである。

その後来日公演Etcはまたの機会に。
[PR]
# by i-coast | 2006-10-22 23:01 | music

おそばせながら......


はじめました。

写真とかその他もろもろ少しずつ発信しようかな・・・・

MI○Iだとなんだか、マイ○○に遠慮もあるし、切るに切れないアカウント、

関心もてない記事、見に来るだけのマイ○○、???のコメントなんかも・・

ついには、人格とともにアカウントも使い分ける人出てきて、建前の世界もなんだか・・・

exblogだと写真も整然と載せられる・・・・かな(でも縮小すると荒れてますね)


欲張っていくつもカテゴリつくりましたが、よかったらコメントしていってください。

(写真は自宅から見た東京湾ごしの都心です)

c0098213_2226167.jpg

[PR]
# by i-coast | 2006-10-22 17:14 | photo