海となかまと音楽と、、、そして、知的パラダイムシフトのために・・・


by i-coast

梅雨時のAOR(その1の2)

c0098213_0201793.jpg
昨年 梅雨の時期に AOR best 4という書き込みをした。
Jay Graydon/ David Foster (Airplay)のNothing You Can Do About Itという曲。
その後残りの3曲の話をしていなかった。

その後、誰かがManhattan Transferバージョンをアップしていた。
Jay Graydonがプロデュースした Manhattan TransferのExtensionsは
Richie Coleなども参加したジャズコーラスとAORの融合されたアルバム。
c0098213_021079.jpg

ジャズコーラスという意味で当たり前だが、Airplayより聴きごたえがある気がする。

そして、このアルバム発表の1年前1978年。自費制作でデビューを果たした
Spyro Gyraのファーストから早速のカバー Shaker Song。
Richie Coleの流れるようなアルトサックスが聴ける。

一雨ごとに緑が深くなるこの季節の夜を歩きながら聴いてみたい2曲。
Nothing you can do about it


Shaker Song

[PR]
by i-coast | 2011-06-27 00:22 | music

ついにAORな6月!!

c0098213_0132420.jpg


某素敵なAORファンの方とコラボを視野に AORコーナーを立ち上げました!

自分的にはAORが似合う?6月から開始できて感激です!

休刊となってしまったADLIBの遺志もついでいければ..と、。

第一弾はなぜかHerbie Hancock。

81年のファンク系の作品 Lite Me Upから "Pasradise"


この当時は猫も杓子もdavid foster & jay graydonのプロデュース
いわゆる、West Coast Soundです!

そして、Rock Itでスクラッチ&ブレイクダンスをブレークさせる前の
Herbie Hancockはなんと この二人、airplayをアレンジャーに迎えます。


なんともHerbie Hancockの曲とは思えません.......


でもお気に入りです!




[PR]
by i-coast | 2010-06-02 00:23 | music