海となかまと音楽と、、、そして、知的パラダイムシフトのために・・・


by i-coast

タグ:John Lennon ( 2 ) タグの人気記事

c0098213_2342418.jpg


「あーあ、終わっちゃったみたい」

バレンタインデーを前にして、違う高校に進んだ中学時代のクラスメート女子のMにこぼしていた。

「どうしたのよ、突然? 去年秋の文化祭の時は紹介してくれて仲良さそうだっただったじゃない」

高校1年の2月。

「じゃあ、気晴らしに、皆でどっか行こっか?」
「え?」

中学時代の男友達3人とは、高校に入っても変わらぬ付き合いだった。
そして、たまに、中学で同じ仲間だったMたちとも学校が早く終わるとお茶をしていたのだ。

バレンタインを過ぎた日曜日、男子4名と、Mがつれてきた同じ高校の女性2名とで鎌倉にいた。

「天気いいよね~」
「そうだね。春は近いね。」

鎌倉は、おそらく初めてだった。
なんとなく、John Lennonの暖かい歌声が合う光景だった。
鶴ケ岡八幡宮以外はどこで集合して、どこに行ったか覚えていない。
帰りの電車では足がくたくたになって、家に帰って横になっても棒のようだったことを覚えている。

昔の仲間のMが気をきかせれくれた1日。 

駅前で別れた男子4名で、今度は今日の3人
を呼んでホームパーティーをやろう、と
話し合った。 シュークリームづくりが上手なコウの母上が振舞ってくれるという。

「今日気くれた二人は、個別に誘った方がいいのかな??」
「でも、サイン帳に 『W』と『T』しかかいてない。
じゃあ、呼びにくいな。Mに頼むか。」

・・・・・・・・・・・・

少し遅くなった夕暮れ。 少しだけ湿った夜風が少しだけ春に近い夜を感じた。

John Lennon "Oh My Love"


Lee Ritenour & Eric Tagg "Is it you?"


c0098213_234236.jpg
[PR]
by i-coast | 2011-02-15 02:35 | people

聖橋

c0098213_0483851.jpg



11月3日。

その年、新婚の兄夫婦と待ち合わせた。
御茶ノ水駅、聖橋口。

兄が家から出て、さびしい秋になると思っていた。

自分と聖橋口に一緒に出たのは、シノブだった。

兄は、ティールームや、珈琲店などに連れて行ってくれた。

木枯らしが吹くような季節。

ラジオでは新曲、John LennonのStarging Overが流れていた。

その日はどこに行ったのか他は覚えていない。

その日レコードショップで買った
Santanaの Borbolettaを家で聴いた。

眩しい午後だった。 

そして、今は聖橋口は毎日の下車ルートだ。

Santana "One with the Sun"



John Lennon "Starting Over"

[PR]
by i-coast | 2010-11-05 00:49 | town